自重トレーニング

フィットネス情報

バトルフィットネス大森のメイントレーニングの1つに「四大筋力サーキット」というものがあります。

これは当ジム代表の浜井識安が選手として、また長い指導歴の中でたくさんの選手育成を通じて効果があると実感し、バトルフィットネス大森でも取り入れております。

ジム、フィットネスクラブでの筋トレというと・・・
ダンベルやバーベル、はたまた最新のウェイトトレーニングマシンを使ったトレーニングがメインだと思いますし、実際それらの人気はかなりあります。

自宅では設置できないマシンがあるからジムに行くというのもジム通いの動機の1つとも言えます。

 

なのに、なぜ当ジムは自重によるトレーニングを推奨するのか??

まずは自重トレーニングとは!?というと、

読んだ字のまま、自分の体重を負荷とするトレーニングのことです。
うーん、漢字って便利ですねぇ。

代表的なものとしてはスクワットや腕立て伏せがあります。

ではなぜ自重トレーニングなのか?

 

■身体を痛めにくい


ダンベルなどの器具を使ったウェイトトレーニングは効果は絶大です。その反面、身体にかなりの負荷をかかっています。

筋肥大にはウェイトトレーンイングは非常に有効ですが、そのために腱や関節といった身体を動かすためにものすごく大切な部分を痛めるリスクがあります。

自重トレーニングは自分の体重を負荷としてかけるため、ウェイトトレーニングと比較すると関節などを痛める心配がなく、関節や腱も鍛えていくためにケガをしにくい身体を作ることもできます。

 

■美しい身体を手に入れられる


自重トレーニングの多くは、取り組むだけで一度に多くの筋肉を鍛えられるメニューとなっています。

器具をつかったウェイトトレーニングでは、鍛えたい部分を集中的に鍛えていくことで短期間で効果を実感できますが、全身のバランスを考えると自重トレーニングメニューの方が美しい身体を手に入れるには向いていると言えます。

その分、効果を実感するまでに時間がかかりますが・・・

ボディビルダーのようにバッキバキの身体になりたい!というのであれば、負荷の大きなトレーニングが良いと思いますが、フィットネス・ダイエットで引き締まった美しいラインの身体を手に入れたいという人は自重トレーニングの方が向いています。

 

■日常で使う筋肉が鍛えられる


例えば腹筋運動。これは寝ているところから起き上がる動作に近いです。

また、スクワットは立ち上がる際の動作や階段での動きに似ています。

日常生活での動きで使う筋肉を鍛えることは、頭がどこを使っているのかを意識しやすく、効率が上がります。

また、日常生活での動作をラクにする、生活がしやすくなるという点でもこういったトレーニングは効果的です。

 

とここまでメリットを書いてきましたが、
最大のデメリットは「継続」です。

 

自重トレーニングは特別な器具を使わない、手軽なトレーニングであるため、
「今日はいいだろ・・・」
「明日やれば良い」
というような、いつでもできる安心感からどうしてもサボってしまったり、
効果を実感するまでに少し時間を要してしまうので、
「うーん、もういいかな・・」
ということで断念してしまったりと
継続するのが難しい点があります。

バトルフィットネス大森では、継続するために

・同じスクワットでもやり方を変えてみる
・トランプカードを使ったゲーム性のあるトレーニング

を取り入れています。

トレーナーに掛け声をしてもらったり、
スクワッドや背筋なども動作を変えてやってみる、
トランプカードをめくって出た数字の回数をこなしていったり、
目標所要時間を設定してトライしたりと
自重トレーニングを飽きがこないようにするのが、
バトルフィットネス大森の「四大筋力サーキット」です。

また、身体の中で筋肉が多い下半身から順番にトレーニングをしていくことで、
1日続く燃焼効果があります。

 

優しくて楽しいトレーナーと一緒にトレーニングで楽しく続けていきましょう!
トレーナー紹介はこちらから。

 

2020年は引き締まった理想の身体を手に入れたい!

そんな人はバトルフィットネス大森の「四大筋力サーキット」がおすすめです!!

もちろん負荷をあげた自重トレーニングによって「強くなる」ためのトレーニングも可能です!!

タイムスケジュールもありますし、フリータイムでトレーナーにお声がけいただいてもかまいません。

 

どんなもんか??と思ったら、お気軽に体験会にご参加ください。
トレーナー一同お待ちしております!!

体験会予約はこちらから。